【無料】ステージ爆上げ必至!!ハイパワーライティング

コピーライティングとは|文章で売るスキル身につけるコツ

コピーライティングとは単なるスキルではありません。

コピーライティングとは何かを売るだけでなく、人の心の奥底に寄り添う言葉を紡ぐスキルです。

おぐブログ
誰でも身につけることはできますが、ハッキリ言って万人ウケウケスキルではありません。

しかし、一度身につけることが出来てしまえば、応用して自分の特性を生かしたコピーライティングを行うことはできます。

この記事では、コピーライティングとは何か、どんなことが具体的に実現できるかなどをお伝えします。

基礎からコピーライティングを実践するときに知っておきたいポイントを丁寧に解説します。

目次

コピーライティングとは

コピーライティングとはなにか?

おぐブログ
「人の心に寄り添い、言葉の力で人の心を行動に駆り立てるスキル」です。

コピーライティングというと、ヘッドライン見出しセールスレターLPといった専門用語が出てきたり、文章の書き方の注意点など、いろんな情報が出て来ます。

コピーライティングの本質は「人間の心を理解し、言葉で読者に行動を起こさせる技術」ここにあります。

おぐブログ
コピーライティングは魂に訴求する文章術という人もいます。

僕のメルマガやLINE公式ではコピーライティングやコーチングについて色々な情報・テクニックを紹介してますが、これが最も大切な価値観になります。

ここを押さえた上で、コピーライティングのことをより詳しく見ていきましょう。

コピーライティングで重要な5個のポイント

コピーライティングスキルにおける重要なポイントについてお伝えします。

このポイントを身につけるだけで、これまで上手く解釈できていなかった売るための文章術が次のステージに上がることは間違いないでしょう。

念のため、別目線でのコンテンツもご紹介します。

おぐラボ
コピーライティングの型|LP、ブログ、メルマガ、共通の文章術 | おぐラボ コピーライティングはインターネット社会だからこそ効果が倍増します。 これは僕みたいに群馬の田舎に住んでいても、独立開業することが出来たりするので、僕自身がエビデ...

ペルソナ(ターゲット)を理解する

ペルソナとは読者のことです。

注意

「この文章を読んでいるのはどんな人なのか、またどんな人に読んで欲しいか」を考え続けることが大切です。

ペルソナにおいて正解はなく、最適解にどれだけ近づけるかが重要なポイントです。

いくらコピーライティングスキルを身につけても、ペルソナを明確にしてないと効果が半減します。

おぐブログ
宛名のないラブレターを書いているようなものです。

コピーライティングをするときは誰に対して書かれたものかが重要です。ペルソナの心にどこまでも寄り添う作業、つまりリサーチが重要になります。

深く刺さる文章を書けるようになるために、リサーチを深く入念に行い、ターゲットを的確に理解するよう心がけましょう。

売りたい市場を理解する

コピーライティングをして何か情報発信するとき、避けては通れないのが競合他社との関わり方です。

いくらライティングスキルが高まっても「必ず売れるようになるコピーライティング」というものは存在しません。

おぐブログ
優秀なコピーライターに頼んでも、どんなにマーケティングを習得しても、100%の成功は絶対にありえないのが現実です。

商品を販売するというのは一つの事業構築にも等しい行為です。つまり、何か販売するにしても簡単ではないということです。

コピーライティングとは、まさにそこに風穴を開けるがごとく顧客心理に訴求する技術です。今より少しでもお客さまのことを知り、訴求し、寄り添い引き込み、「こっちの商品もいいよ」と語りかけるものです。

そのために、すでにある市場をしっかり学んでコピーライティングのスキルを使い、一人でも多く引き込んでしまいましょう。

市場の理解の深めるには

具体的な手法としては以下の通りです。

  • 競合他社の売り方を徹底的にリサーチする
  • 競合他社の商品を体験してみる
  • 客観的に感想を得たり市場調査をして顧客を知る

この3Stepを踏み、深く競合他社を知れば知るほど売上増加のチャンスが見つかるようになります。

リサーチにもコピーライティングスキルは必要です。

コピーライティングとは「売るスキルであると同時に寄り添うスキル」だと認識し、売上をどんどん広げていきましょう。

商品を理解する

売りたい商品があるからこそペルソナを理解し、市場調査をして商品を販売することになります。

コンテンツ業界であれば後から商品を構築することはよくありますが、物販であればすでにある商品をどんな市場に売るかは重要な課題です。

そのためには、自社の商品がどこの顧客層に訴求するのかを良く判断する必要があります。

おぐブログ
リサーチを入念に行ってなかった段階では50代女性に売ろうとしていた商品だったけど、リサーチをしっかりしたら20代後半のOLがペルソナだったなどはよくある話です。

つまり、先入観で販売方法、つまりプロダクトローンチを決めてしまわないで、しっかりリサーチをして売上を作っていこうということです。

そうすれば多くの場合、コピーライティングを駆使してペルソナを間違えずに商品を販売することが可能になります。

コピーライティングで売りたい相手に売るには

コピーライティングとは、売りたい相手に売るためのスキルであると同時に、本当に売るべき相手を見定めるスキルでもあります。ですが、こういう人が多いようです。

  • どうやって売る方法見つけたらいいのかわからない
  • ペルソナを変えるとか、企業はカンタンにはできない
  • 売りたい商品を売りたい相手に届けたい

すごくよく理解できます。

なので、大前提として「モデリング」というものを習慣にするよう、いつもお伝えしています。

効果的なモデリングの手法

「モデリングってパクリのことでしょ?」

そういう人が多いです。間違いないですが、コピーライティングにおけるモデリングは単なるパクリではありません。

注意
モデリングとは、参考元を凌駕するために考えられた人を超えるための価値観

です。

大げさに聞こえるかもしれませんが、単なるマネなら一歩間違えれば大きな問題になります。

おぐブログ
大事なのはモデリング元を超えることです。

これがすごく重要です。

このモデリングにおいて、コピーライティングの観点から効果的にモデリングをしている企業をご紹介します。

  • Appleとandroid
  • 各種車のメーカー
  • 食品やスーパーなど

ありとあらゆる企業、業界がお互いの販売戦略をモデリングしあっています。

セブンイレブンでシュークリームを最初に販売したとして、ローソンに「ウチのシュークリームのクリームマネしただろ!」とは言わないわけです。

MEMO
どの業界もお互いにモデリングしあっています。

コピーライティングも同じことがいえます。

Appleとandroidの商品の販売方法を見て、ホームページの表現をみて、お互いに表現をマネし合っています。

商品もほぼ同じです。同じ電話回線を使って、同じ材質を使って、同じような通話品質、カメラ、アプリでサービスをしています。

つまり、世界の上流階級では常にモデリングが行われつつ、法の垣根をくぐってコピーライティングをし、マーケティングを組んでいるということです。

そんなモデリングについて、もしよろしければこちらの記事もおすすめです。

おぐラボ
コピーライティングとは|文章で売るスキル身につけるコツ | おぐラボ コピーライティングとは|コピーライターとしてコーチングの目線から実績を積んだおぐによるブログ。ペルソナ、市場、商品をリサーチして売上を最大化する方法をご案内

コピーライティングで売るための媒介をモデリング

コピーライティングで販売するとは、つまり文字や言葉で商品を販売することになります。

MEMO
モデリングはコピーライティングの本質です。

では何を参考にしてモデリングしたらいいのか?参考にして欲しいものがあります。

  • Google広告
  • Facebook広告
  • 各種電気屋さんの広告
  • ジャパネットたかたのCM
  • iPhoneやandroidのサイト

これらをモデリングして学びを深めてコピーライティングに活かします。

では具体的にどんな部分をモデリングするか、Google広告とFacebook広告を例にして解説します。

もしもSNSを運用して集客をしたいということであれば、こちらの記事をぜひご覧ください。

おぐラボ
twitterにコピーライティングを活用|拡散力を活かした集客のコツ | おぐラボ twitterを運用しているとこのような悩みが出たり、壁にぶつかってしまってどうすればいいかわからなくなりますよね。 twitterは140文字と制限があり、「どうやってこんな短...

Google広告

見ていただきたいのはこの部分です。

広告は当然ながら「お金をかけてお客さまを呼び込むもの」なので、パッとこのページを見た人の心をコンマ数秒でつかまなければ商品は販売できません。

コピーライターの世界では2秒で心をつかもうとか、0.5秒が勝負と言う人もいるくらいです。

注意
つまり、この検索ページにすべてが詰まっているといっても過言ではないのです。

ページを開いた先にあるヘッドライン、つまり販売ページの一番上が強烈に考えられています。

何か販売したい商品があるときのステップとしては次のようなものです。

  • 売りたい商品のキーワードを検索
  • 同業他社が出てきたら「心奪われたフレーズを見つける」
  • 見つけたキーワードを進化させて使用する

この流れを実践してみることで、売りたい商品を一人でも多く販売することが可能になります。

Facebook広告

こちらもGoogle広告同様で、コピーライティングのメッセージ性を踏まえつつ、リサーチを多くして、より多く売ることを意識します。

しかし、Google広告と違う極めて大切なところがあります。

注意
テキストベースのLPや販売ページでは広告が出稿しにくいというデメリットがあります。

つまり、デザインを整えて、文章にしたい部分を画像化し、Google広告と同じようにメッセージを引き出すことステップが重要です。

最後に

こうしたステップをコピーライティングスキルを高めながら身につけることで、圧倒的なスピードで売れるライティングスキルを身につけることができます。

コピーライティングは本当に奥が深いです。学んでも学んでもゴールはありません。

ですが、スキルとして磨き続けることで求めている結果、売上やマーケティングとしての目的達成に近づくことは間違いありません。

ぜひ実践してみてください。

 

お問い合わせフォーム

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コピーライター、そしてビジネスコーチとして独自の目線でスキルアップの仕方について解説していきます。

    目次