【無料】ステージ爆上げ必至!!ハイパワーライティング

読みたくなるライティングとは|売上を増やすWebライターの鉄則

2022.11.10.6,コピーライティング,コピーライター,コーチング,ビジネスコーチ,Webライター,リサーチ,マーケティング,フリーランス,副業,起業,LP,ランディングページ,メルマガ,ステップメルマガ,LINE公式,ステップLINE,ワードプレス,wordpress,,ストアカ,講座,セミナー,twitter,Facebook,Instagram,アメブロ

群馬県産コピーライターのおぐこと小倉拓也です。

コピーライティングをしていると、どうしてもやってしまいがちなことがあります。

  • 自分が書きたいことを発信しちゃう
  • 読者の悩みを忘れる
  • 「読みやすい」を忘れる

結構もったいないんです。

すごく長い文章を書けるのに、自分が読みたいものを書いて、読者さんが読みたいと思う文章になってない。

近頃よく見かけますね。

なので今日は、僕のTwitterでもお伝えしている「キレイなライティングをしたい人へ」のツイートを、かみ砕いてお伝えします。

長くないので、ぜひ最後までごらんくださいね。

目次

ライティングスキル|書きたいと読まれたいは異なる

「読者が少ないんです」という相談は尽きません。

理由はとっても簡単で、自分が書きたい文章を書いている人が多いです。

こだわれるところはたくさんあるのに、自分が書きたい文章のみを書いているので、読者さんが寄り付かないんです。

お悩み例

「言いたいことはわかります。でも”書きたい”と”読まれる”の違いがわからないんです!」とのこと

そんな人に向けて、ちょっと簡単にかみ砕いてみます。

共通の大切な価値観、こちらにも書いてあります。

おぐラボ
コーチングスキルはコピーライティングに必須|リサーチで心をつかむ | おぐラボ コピーライティングに大切なコーチングスキル。リサーチが大切なことはみんなわかっているけど意外とできていない。そんな人におすすめしたいのがコーチングスキルです。コ...

読まれる理由がそもそも明確じゃない

読まれたいのであれば、人が求めるものを書けばいいだけですよね。

「何も得にならない情報」ならばその記事やコンテンツに価値はありません。

残念ながら「読まれたい」感情は脇に置くべきです。

「書き慣れたい」人が「読まれたい」のとはちょっと違いますものね。

読まれたいのであれば、Googleの推奨している次の3つが必要です。

  • 権威性
  • 専門性
  • 信頼性

「この人の文章読んでると勉強になるし、なんか凄そうだし、これからも読んでいたいな」と思わせるということです。

キャッチコピーなどの価値観から見ても、結果にコミットする」というフレーズはライザップのおかげで広がっています。

しかしながら、ブログやLP、LINE公式、メルマガなど、すべてに共通する価値観だといえます。

ぜひこちらの記事もちょこっとのぞいてみてください。

おぐラボ
経営者に好かれるライティング|権威性、専門性、オファーの法則 | おぐラボ 商品やサービスの良さを伝え、売上に繋げるためにコピーライティングは非常に重要な技術です。 ただ良い文章を書くだけではなく、経営者が求める情報提供スキルを身につけ...

読者に文章で「心地よさ」を提供する方法

極論、記事を読みたくなるかどうかです。

初対面の人と話をするときの「この人と話をしたくないな」と思うかどうかと共通してます。

この記事を読んでいただいてもわかると思うのですが、何気に次のことに意識してます。

  • 一行の文字数
  • 漢字の割合
  • 見出しのバランス

一記事で語るにはちょっと大変なので抜粋してお伝えしますが、これをどこまで意識して整えることができるかということです。

僕のこのブログ記事は、あくまでも僕の個人ブログなので僕の心地よさも重視しています。

すごく簡単にですが、コピーライターの視点からかみ砕いてみます。

一行の文字数

基本的に60文字を意識してます。

理由としては、一文が長すぎると読みにくく、また、短すぎると淡泊で無感情に受け取れてしまうからです。

とはいえ、必ず60文字に納めなければいけないというわけでもありません。

MEMO

無理して60文字に強引に収めると疲れちゃいます

実際に僕の記事はスマホで読むTwitter勢やFacebook勢、あとは忙しいビジネスマンガ多いので、PC読者は4割いるかどうかです。

その場合、意図的に60文字前後で改行したり、文章を区切ったりする習性をつけると、自ずと読者が読みやすい文章に近づいていきます。

この時、強引に改行しすぎると読みにくくなるので注意してくださいね。

、、、という、この「一行の文字数」という見出しの本文をあえて読みにくくしてみると、こんな感じになります。

基本的に60文字を意識してますが、理由は、一文が長すぎると読みにくく、また、短すぎると淡泊で無感情に受け取れてしまうからですけど、必ず60文字に納めなければいけないというわけでもありませんし、実際に僕の記事はスマホで読むTwitter勢やFacebook勢、あとは忙しいビジネスマンガ多いので、PC読者は4割いるかどうかです。

意図的に60文字前後で改行したり、文章を区切ったりする習性をつけると、自ずと読者が読みやすい文章に近づいていきます。

読みにくくないですか?(笑)

あくまで一例なので、コピーライターやWebライターを目指す方は参考までに。

漢字の正しい割合(おぐ目線)

あくまでも僕の目線です。

  • 難しい経済紙などは30%以上
  • 個人ブログでは22%前後
  • マーケティングメディアなどでは25%くらい

あくまでも僕がコピーライティングするときの参考数値です。

じゃあどうやって漢字の割合を調べるかというと、「漢字使用率チェッカー」がオススメです。

漢字使用率チェッカー

記事全体を丸ごとコピーして貼り付けると、漢字の使用率がわかります。

TwitterやSNSでも、自分のブランディングやその日のテーマと合わせて考えてみるといいかなと思います。

ちなみに僕の今日のツイートは、漢字量がちょっと多かったみたいです。

自分のスキルの現在地をこのようにしっかり把握していると、クライアント様へのオファーのときに役立ちます。

「このコピーライター(Webライター)、自分自身のことをすごく理解してる!」って思わせたら勝ち確定です。

読者のために見出しを増やしてあげよう

見出しに対する本文が多いと読みにくいです。

「じゃあ、今日のおぐの記事は読みにくいんじゃないの?見出しの本文多めだよ?」

という方に向けてお伝えしたいことですが、果たして読みにくいでしょうか?

実はコツがあるんです。

本分長くても読みやすくなるコツ

見出しを解説する本文は、200~300文字程度が読みやすいです。

ですがもしそれを超えてしまう場合、読みやすくするコツがあります。

  • 箇条書きを入れる
  • 小見出しを増やす
  • 引用形式にしてみる
  • 参考画像を入れる
  • 引用元リンクを入れる

つまり、見栄えで「うわ、、文章ばっかりで真っ黒、、」と思わせたらダメということです。

週刊誌を読む人ならわかると思うのですが、気になる見出しの記事の本文しか、中身を読む人はいないと思います。

「週刊 女性自身」とか読むときに、「この雑誌、一言一句全部逃さず読んでやるぜ!」という変態はまだ見たことがありません。

MEMO

基本的にみんな、読みたいところまでスクロールしてそこしか読まないので、「ここにあなたの気になるネタがあるよ」とえてあげるイメージ

全部読ませようとせず、好きなところまでご案内してあげる感覚ですね。

無理をさせなければ、結構上手くいきます。

こういう記事が気にある方は、ぜひこちらもごらんください。

おぐラボ
遊びながらリサーチしてコピーライティングして田舎で起業できた秘密 | おぐラボ こんにちは、小倉です。 今日は少しプライベートなお話をさせていただこうと思います。 まあ、プライベートといっても半分以上が仕事なんですけどね。 Twitterやfacebookな...

情報はアウトプットの質がモノをいう

コピーライティングをするということは、毎日何か文章を書いてアウトプットをするということです。

文章を書くということは、他人の文章を効率よくインプットする意欲が大切です。

もし今回のようなカンタンなコラムを読んでいただき、少しでも良いネタを仕入れていただけていたら幸いです。

何か気になることがある方は、気軽にご相談くださいね。

LINEでもこちらのコラムの質問フォームからでも、どちらでも大丈夫ですので。

お問い合わせフォーム

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コピーライター、そしてビジネスコーチとして独自の目線でスキルアップの仕方について解説していきます。

    目次