【無料】ステージ爆上げ必至!!ハイパワーライティング

AIDMAの法則の特徴は?ビジネス上での活用方法やメリット

コピーライティングの学びをしているとAIDMAのような横文字に触れることが多くなります。

AIDMAはマーケティング戦略とも共通している価値観なので、「マーケティングとして学んだけど、コピーライティングとも同じって、よくわからない」と思う人も多いです。

AIDMAを始め、他のフレームワークについてよくいただくご質問に次のようなものがあります。

  • 「ほかにも似たような単語が多すぎてよく分からない」
  • 「書き方や覚えることが多すぎて大変…」
  • 「そもそも売れる文章の書き方がわからない」

こちらの記事では特にAIDMAの特徴や実践方法についてお伝えしていきます。

目次

AIDMAをわかりやすく解説

AIDMAは商品を販売するために効果的な構成として知られています。

コピーライティングの流れをそのまま落とし込むのにすごく便利です。

人が商品を購入しやすく、そっと背中を押すコピーライティングの型として昔から広く使われています。

MEMO
コピーライティングにおいて、商品を買う読者やクライアントさまが購入するまでのマーケティング戦略としても知られています。

AIDMAの法則では、購入するまでのプロセスとして5つの要素を順番に辿ることを勧められています。

AIDMAの法則の具体的stepを解説

AIDMAの具体的なステップは次の通りです。

  • Attention(注意)
  • Interest(関心)
  • Desire(欲求)
  • Memory(記憶)
  • Action(行動)

この5つの段階があり、これをさらに次のように段階設計をされています。

  1. 認知段階
  2. 感情段階
  3. 行動段階

このように区別します。それぞれに解説していきます。

AIDMAの法則の要素

「認知段階」はAttention、「感情段階」はInterest・Desire・Memory、最後の「行動段階」はActionです。

コピーライティングの型、マーケティング戦略として有名なAIDMAをはじめとしたほかの型にも共通することがあります。

おぐブログ
順番を守らなければ心をつかむコピーライティングはできないし、売れるマーケティング戦略も構築できない

これは避けては通れないものです。そのため、

注意
「全部の要素が入っていればそれでいい」という人もいますが、それは完全に間違いです。

中途半端なアレンジはいい方向には進みませんので、必ず順番通りにコピーライティングをしたり、マーケティング戦略を立案しましょう。

AIDMAの法則のメリット

AIDMAを活かしたコピーライティングの仕方についてお伝えしてきましたが、ここからはAIDMAをライティングに活かした場合のメリットについてお伝えしていきます。

  • 消費者に合わせたマーケティング活動が行いやすい
  • 自分の会社の弱点を発見できる

AIDMAをコピーライティングに活かすことで、読者やクライアントさまの心に寄り添いながらコピーライティングをし、マーケティング戦略も立案・構築することができます。

なぜAIDMAの法則を落とし込むことでそこまでできるか、その理由は、AIDMAの流れ自体が人の心に届きやすいようになっているからです。

おぐブログ
コピーライティングに活かすことで、無意味な広告を発信したりして費用倒れになってしまうことを避けることができるからです。

さらにAIDMAを利用すると、いま自社がどのようなポジションをとってマーケティング戦略を組み立てているかもわかりやすくなります。

文章も整えてくれて、経営の主軸であるマーケティングも組み立てる目安になってくれるので、長所・短所も明確にすることができます。

実際のビジネスでの活用方法を紹介

AIDMAの法則を活用したコピーライティングの型、またマーケティング戦略の流れはつかめたことと思います。ここからは実際のビジネスに当てはめて売上を最大化する方法をわかりやすくお伝えしていきます。

Attention(注意)

なぜその商品を使うのか、なぜこの商品を購入する意味があるのかを訴求する場面です。

しっかり訴求して注意を促して感情に訴求する一番大事なつかみの部分です。

MEMO
心をしっかりつかむために、読者やクライアントさまが最も欲しいベネフィットを発信することが必要になります。

LPやセールスレターでいうところのヘッドラインの部分です。

Interest(関心)

注意喚起がうまくいき認知の拡大ができたら、読者やクライアントさまの興味を引くようなキャッチコピーを全面に押し出しましょう。

読者やクライアントさまの欲求をかき立てるキャッチコピーを打ち出すことによって、船のアンカーのように印象に刺して抜けなくなる感覚を意識しましょう。

Desire(欲求)

なぜ欲求が生まれるかというと、欲しい未来があるからです。

コピーライティングはそのためにあると言っても過言ではないし、マーケティング戦略も同じです。購入してくれる可能性がある人が欲しい未来を、一緒に叶えていくヴィジョンを提供しましょう。

Memory(記憶)

商品をその場で買ってくれる可能性は限りなく低いです。だからこそ記憶に残すことが重要です。

記憶に残る瞬間というのはつまり、心をワシつかみにされた瞬間です。コピーライティングは記憶定着の補助になるし、マーケティング戦略はそのために立案します。

ではどうやって記憶に残すかというと、

おぐブログ
一番大事なことは共感です。

人は「自分のことをわかってくれた人」のことは相当長い間忘れません。

読者やクライアントさまに購入して欲しいサービスを印象つけるなら、どこまでもリサーチして理解して寄り添う意識を大切にしましょう。

Action(行動)

商品を購入してもらうときにはある行動をしてもらう必要があります。

コピーライティングでもマーケティングでも重要なところです。つまり、

おぐブログ
読者やクライアントさまのお財布を出させて開かせ、現金やクレジットカードを切らせる必要がある

これが意外と奥が深いです。

セールスの流れはまた別の機会にお伝えさせていただきますが、無料でかつ中身が濃く、全国民が知っているとも言われている会社をモデリングします。

なんという会社かというと、ジャパネットたかたです。CMの決まった時間でちょうどセールスの流れを完璧にやりきるのはジャパネットたかたならではのセールスです。

MEMO
ジャパネットたかたのセールスの流れをモデリングすることで、コピーライティングスキルもマーケティングの知見も着実に引きあがります。

無料でモデリングできて、しかも国内最高クラスのセールス技法を学ぶなら、ジャパネットたかたをモデリングしましょう。

まとめ

今回は、AIDMAについての活用方法やメリット・デメリットについて詳しく解説していきました。

このAIDMAは昔からある法則であるので、まずはこの法則をしっかりと学んでからその他のマーケティングモデルを学んでいきましょう。

コピーライティングもマーケティングも成功するための型があります。

自己流は極力入れず、でもキチンと心をつかむように読者やクライアントさまのことを入念にリサーチして、まるでラブレターを書くような気持ちでコピーライティングをしましょう。

そうすることで、かなりセールス力のある文章を構築できるようになります。

 

お問い合わせフォーム

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コピーライター、そしてビジネスコーチとして独自の目線でスキルアップの仕方について解説していきます。

    目次